株式会社 浜吉 - 三原市【エブリタウン】
TOP全国広島県三原市糸崎

株式会社 浜吉

広島県三原市

この記事をはてなブックマークへ追加する Clip to Evernote

株式会社 浜吉の オススメ口コミ・紹介文

是非あなたの紹介・おすすめ情報を教えて下さい!(自薦、他薦どちらでもOKです)


「(株)浜吉」さんは、明治年間初頭「尾道」の高級料亭旅館が創業時形態らしく、公式な創業年は明治23年(1890)5月山陽鉄道「糸崎(当時の駅名は三原)」延伸開業に備えて設立発足した老舗の仕出し料亭、駅弁当鉄道糧食・空港及び機内航空糧食供給事業者、高速道路内サービスエリア糧食供給事業者です。

昭和50年(1975)「山陽本線特急・急行」運行が、「山陽新幹線開業」と同時に廃止なり、旅客通行量が西隣の「三原駅」に大幅に移行した為、、「三原駅 駅弁当事業者」になり、営業駅が増えました。

其の後、平成4年(1992)「尾道駅」の駅弁当事業者にもなり、平成2年~平成10年前後迄の間に、同駅の同業他社の撤退に際して、営業も併せ引継ぎ、直前の昭和63年(1988)3月「山陽新幹線 新尾道駅 新規設置開業」時に新設駅駅弁当事業者にも指定されています。

平成5年(1993)10月に「広島(新)空港」が「本郷町(現 三原市本郷)」に開港後は、「航空糧食供給事業者(エアライン機内食調製事業者)」と「空港内弁当販売事業者(空弁事業者)」にも指定されています。

平成15年(2003)「備後最大」の「福山駅弁当事業者「鞆甚」さん撤退」が発生し、其の後の需要に対応する為、福山駅の駅弁当事業者を引継ぐ様要請され、同年から「福山駅弁当事業者」にもなっています。

平成19年(2007)に「岡山駅弁当事業者 JR西日本サービスネット」の事業部分撤退が発生し、同社、駅弁当糧食製造工場が閉鎖となり、調製を引継ぐ事業者に指定され、同年以降「岡山駅弁当調製(製造)事業者」となっています。「(株)JR西日本サービスネット」自身は社名を「(株)JRサービスネット岡山」と改め、「駅弁当販売事業は引続き行っています。

「(株)JRサービスネット岡山(旧JR西日本サービスネット)」の「岡山駅弁当販売事業店舗」が運営店舗「おみやげ街道 岡山」に開いていた販売スペースで扱って居る様で、「(株)浜吉」さん自身は「岡山駅弁当事業者」とは名乗っていません。そういえばパッケージも「岡山」に合わせて、「桃太郎・雉・猿・犬絵柄」のパッケージ姿に包装を変更して在りました。

「岡山駅弁当販売事業者」はあくまで「(株)JRサービスネット岡山」の様です。ややこしいですね。

何れにしても、「(株)浜吉」さんは、現時点で、本拠は「糸崎駅前(三原市)」ですが、「糸崎駅」、「三原駅」、「尾道駅」、「新尾道駅」、「福山駅」、「岡山駅」の6つの駅に「駅弁当製品」を調製供給(通行量の関係で「糸崎駅」等構内売停止中の駅も在る模様)し、「広島(新)空港」に「空港弁当製品」を供給、各社エアラインへの「航空糧食(所謂機内食)供給事業者」にも指定されて現在に至っています。

現在「糸崎駅」では「構内販売営業は停止中」ですが、「本拠地」ですので、改札出て右手に歩いて数分の「駅前」に「調製工場の1つ」が在り、階段を上った中二階の工場事務所内に、「調製直売所」があります。遠距離の切符で通り掛られたら、途中下車して直ぐ最新調製時刻の製品購入可能です。

「山陽鉄道」時代から、「岡山駅」←→「広島駅」間の最大の鉄道駅は「倉敷」でも、「福山」でも、「尾道」でも、「三原」でもなく、「糸崎駅(開業当初は終点駅「三原駅」名)」でした。特に「蒸気機関車」時代は、「給水・給炭」作業や、牽引機関車ごと交換作業等を行う運転・運行上の拠点駅で大規模な機関区を有していました。

特急、急行等長距離系幹線優等列車を含め、全ての列車が停車し、一定時間「運転作業」で停留する駅でした。「(株)浜吉」さんは、その間、全ての列車の「通行乗客」を相手に、「糸崎駅弁当」を販売営業する事が出来た訳です。

「安芸」の東端位置「糸崎(既に備後だと解釈する人も多い。広島(新)空港(本郷町)は「安芸」)」から、「備後」、「備中」迄、3箇国の代表的公共交通糧食(フード・ケーターリングサービス)基幹事業者に成長しています。

岡山駅構内で、「広島側の浜吉製品」が「おみやげ街道 岡山&晴れの国」店コーナーに大量に店頭積して在り、同社製品の「三原(糸崎)、尾道、福山、岡山 各駅ミニ駅弁大会」の様になってまして、「「浜吉」さん張り切ってこんなに沢山持って来ても、全部売り切るのは大変だろうに…??」と思いながら、行き掛け通り過ぎました。

所要の用件が終わって、帰り閉店時間間際に、遅~い夕食、車内食用買いに立寄ったら、商品ケース内「全空っ…、て…??」でした。夕食事時には遅めの時間帯だったので、「「売残返品コンテナ」にでも早目に収納してしまったか。」、と思い、製品指定せずに、「弁当製品残り在ったら買求めたいんですが~?」、と店舗社員さんに伝えた処、「営業時間内ですが、本日配送分全数売切完売です。」と言われ、びっくりした事が有ります。同じ大きさの「おみやげ街道店舗」が、「駅中」にもう2箇所「晴れの国」、「桃太郎」の2店構内計3店舗、駅ビルサンフェスタ内1店舗の総計4店舗も有り、同じキャパシテイ-で売上げている様です。

おかげで、「鯛の浜焼き弁当」か、「珍弁たこ丼(たこめしの丼バージョン980円(当時価格・要確認)で、30円折詰版たこめしより高いが、瀬戸物の碗器(丼器)に入って居り、具の入りや盛付けも綺麗でボリューム多く、折詰より食べ易い)」のどちらか食べようと思っていたんですが、其の時はどちらも売切れ、「買いそびれ」て、食べれませんでした。

行き掛けの時点で買っておけば良かったですねぇ~。「福山牛(中山牧場)」使用の「松茸入りすき焼き弁当」等も在りメニューも多かったんですがねー、まさか全部売切れる程店舗需要が有るとは…。ガックリ。

「東の県外」へ出て20年以上過ごした時期、亡父母宅から、生活場所である宿舎に戻る場合等、学生時代から、値段が控え目(昔は200~300円安価な値段設定)だった、「三原 糸崎駅前」の「(株)浜吉」弁当製品を「現金正価」で求め、「正貨代金納付」し、移動列車中で昼食・夕食各々場合に因って食事するのが常でした。

最初は、値段が安価なので、「まぁ~余り期待せずに」口にしたりするのだったが、「私mats的には、当時此れが意外にBingo!(当たり)「浜吉」此の値段でスゲー」(当時の二百~三百円価格差は結構大きい値段差)だったりした、「盛り付けも仕出弁当風で、見た目も綺麗で味覚も良く、調製担当料理人の腕も確かな感じ」だったので、以後「上り・下り」で「往き来」する時、1食毎に各弁当製品を1種類ずつ「お試し購入」して「全製品一巡完食(当時 以後新製品や、全国企画販売(デパート・スーパー等イベント出展用製品)は未食品有るかも」。

以後、「遠隔地移動経路上仕出弁当風駅弁」なので、何時も「日常食用可能と云う訳ではない」が、継続的に購入食用有り。満足感良好。「浜吉」製品「全種類実費購入巡回食用」経験有ります。

人それぞれに好みは有るので一概には云えない面も有るとは言え、「私matsの経験則」では、「全製品外れ品無しのBingo!(当たり)」だった。「ガッカリだった事は少なくとも全く無い。」

「(株)浜吉」の「フラグシップ製品」は「海鮮・山菜料理系」、「たこめし・丼2種類」、「鯛めし」、「あなご重・めし系(焼・煮別々・両乗せ 3種類)」、「牡蠣釜や松茸・栗釜・御飯系2~4種類」、です。

此れ等以外に、代表的惣菜を「オールキャスト」で「盛り付け・詰め合わせ」た様な、「名物 廣島弁当」や、「漫遊弁当(あなご・たこ・季節惣菜色々)」、「島めぐり(尾道 本四連絡橋イメージした幕の内風)」、「双六弁当(福山)」、「ばら寿司(盛付も綺麗 福山)」等も「値段の割りにお奨め」品です。

最近は「福山牛(中山牧場)すき焼き弁当」(松茸入(秋)・竹の子春菜入り(春))等季節分けして、肉料理系弁当も充実。第二次大戦前復古調の「特製幕の内弁当」は、「軍弁(軍隊弁当糧食)」調製事業者をも担当してた時代の製品をベースにして、現在に「復興」させた物の様です。

「日の丸弁当式白ご飯」が「飯物」で「南高梅風」大きな梅干、それに昔ながらの復古「惣菜」が添えられています。「浮城(三原城の事)」、「尾道」、「福山」と三種類有ります。それぞれに、微妙な地域性の違いを醸し出しています。


最近は「三原」、「糸崎(「改札出て右手側1分、駅前」に在る「調製工場の1つ」に「調製直売所店舗」有る、お茶等飲料物販、販売も有り。)」、「尾道」、「新尾道」、「福山」、「岡山」各六駅弁当供給事業者になっているらしいです。

「岡山」は「祭りずし」の「三好野本店」が「最大・最多種類弁当調製販売事業者」で君臨していますが、「岡山駅」通行乗継の、

「山陰・四国方面各線・各県旅客」巷の声:
「種類が「三好野」より少なく、売切れちゃってる事も多いけど、広島の「(株)浜吉」旨くてええよ」

と「支持を集めて居る」そうです。

尚、「広島空港 空港弁当販売事業者」店舗「(株)浜吉 広島空港ターミナルビル店(2階)」では、伝統的な駅弁当製品に加えて別途に、「空弁」として、「空弁・いなり寿司」等の「創作弁当」等も販売している様です。此方もリーズナブルな「価格設定」で、「いなり」の具の中に「お得意」の「たこ旨煮スライス」、「あなご短冊切」、「牛そぼろ」等「具沢山」で、ワンコイン(五百円硬貨)で買える値段の「PetitLunchBox」でお奨めです。

by mats in Naka-ku Hiroshia-city HR730-08xx JAPAN
Origin:Old Sasai-county=Modern Saeki-county Hiroshima HR73x-0xxx JAPAN
(2015/06/21)
※口コミ・紹介文は投稿時点のものであり、現時点とは異なっている場合があります。
会社名 株式会社 浜吉
読み方 カブシキカイシャ ハマキチ
住所 広島県三原市糸崎4丁目4-8
電話番号 0848622121
カテゴリ お弁当,仕出料理店,料亭,航空・鉄道・高速SA・食事サービス
近くの駅 糸崎駅(JR山陽本線)本社:国道2号線 山側 徒歩3分、直売所:駅前 徒歩1分事務所2階
公式HP
明治23(1890)年5月営業開始、古い伝統と輝かしい歴史のある会社です。料亭旅館から創業し、仕出料理店部門が鉄道糧食駅弁当製造を始め、三原・糸崎・尾道・新尾道・福山・岡山の6駅に駅弁当を供給し、広島空港で空港弁当及び機内航空糧食供給販売事業者と、高速道路サービスエリア糧食営業迄行なっている総合交通糧食供給基幹事業者です。
ブログ
Twitter
近くの会社 株式会社 浜吉の近くにある会社
広島県三原市沼田東町七宝70-1
天吉 本郷駅(広島県)
広島県三原市本郷町南方5778-4
広島県三原市久井町江木81-16
広島県三原市大和町下徳良1904-1
グルメ-軽食・お弁当
広島県三原市宮浦4丁目1-4
グルメ-軽食・お弁当
広島県三原市沼田東町七宝70-1
グルメ-軽食・お弁当
広島県三原市久井町江木1162-3
グルメ-軽食・お弁当
広島県三原市久井町羽倉1490-1
広島県三原市久井町坂井原5705-1
グルメ-軽食・お弁当
広島県三原市久井町泉1103

株式会社 浜吉の情報なら地域情報サービスエブリタウンで

地域情報サービスエブリタウンでは、株式会社 浜吉の企業情報、口コミ・おすすめ情報などを掲載しています。 また、株式会社 浜吉のWEB検索結果やブログ検索結果、Twitterでのつぶやき情報などもあわせて掲載しています。

電話番号

0848622121

カテゴリ

お弁当,仕出料理店,料亭,航空・鉄道・高速SA・食事サービス

http://hamakichi.ekiben.or.jp/
会社・ショップ情報の削除や変更依頼はこちらからおねがいします。

新しくエブリタウンに仲間入りした会社・ショップ

広島県広島市中区[お好み焼き・鉄板焼き]
当店独自の自慢のお好み焼き「風林火山」を是非一度ご賞味ください。
広島県広島市中区[エステサロン]
【広島電鉄袋町から徒歩2分!】極上の癒しのエステサロンです!
最高のリラクゼーションをご提供します!
広島県廿日市市[柔道整復師、主治中医師]
痛みに悩む方の最後の駆け込み寺
広島県広島市中区[リラクゼーション]
ゴリゴリ肩こり、ほぐれて軽くなります。
広島県福山市[仏教寺院]
真宗大谷派、浄土真宗(お東)のお寺です@福山市寺町
WEB社名検索
「株式会社 浜吉 三原市」の検索結果です。

株式会社 浜吉のオーナー様へ

エブリタウンへ無料掲載しませんか?
エブリタウンは無料で使える会社・ショップのPRサイトです。公式ホームページや公式ブログ・Twitterの掲載だけではなく、スタッフ・メンバーの紹介や、写真・商品の紹介など、会社・ショップの個性を簡単にお客様へアピールできます。 また、新しく「プロフ」機能も追加。質問に答えるだけでお客様に対する情報を簡単につくることができます。